北海道、札幌・小樽近郊の海での海洋散骨はフェニックスにお任せ下さい!

天国への架け橋 フェニックス

大好きだったあの海で、自然の中で眠りたい・・・。
粉骨について > 散骨のトップページ > 粉骨について

粉骨とはご遺骨を粉末状にすることをいい、ご遺灰に近い状態になります。
散骨は埋葬とは違い、自然に還る意味合いがあり、弊社の粉骨したご遺骨は掌から風に乗って飛んでいくくらいまで粉骨することができます。

粉骨のことならフェニックスにご相談下さい! 変わりつつある納骨

亡くなったらお墓に。これからの時代こうした常識がかわりつつある、「○○家の墓・○○家先祖代々の墓」などの一つの墓に何人も入るという「家墓」が日本で一般化したのは明治末期以降からで、先祖を祀り代々継承することを前提に始まったものでしたが、少子化が進むこれからの時代、家墓が無縁墓へとなっていくケースが増えていくでしょう。

そうしたなか継承を前提としない新しい納骨方法が広まりつつあります、「永代供養墓」・「海洋葬」・「樹木葬」・「手元供養」などが自由な葬送供養として受け入れられてきています。

「永代供養墓」・最近増えてきた一代限りのお墓で合葬墓とも呼ばれています。

「散骨」・今や自分の骨は思い出の場所に撒いて欲しいと考える人は珍しくなく、残った遺骨は自然へという考えが多くの人たちに受け入れられ、実際にTVドラマや映画でのシーンにも使われ、多くの著名人も散骨されています。

「手元供養」・故人を偲びたい、寂しくて手放せない、などの気持ちや、お墓の継承問題などの金銭面や家族構成などの家事情などの様々な問題を解決できる供養方法として確実に広がりつつあり、アイテムの種類も豊富でおおまかに納骨型と加工型に分けられ、“究極の形見分け”として定着しつつあります。

更には今までの葬儀の場も厳粛で宗教色が強かったものとは異なる、自身の思い描く“直葬”をする方も少なくありません。

これほどまでに広がってきた、しきたりに縛られないこの自由な葬送は、昔は死に結びつくような話は敬遠されていたものが今やタブーではなくなってきていること、、様々な媒体で取沙汰されるようになったことで、これからは自分らしい葬送プランを描き、様々な選択肢が生まれてくることでしょう。この自由な葬送が受け入れられている要因の一つとして、“故人への思い”、“残された者への思い”が自分達で一つの形に出来ること、更には“こうしてあげたい”、“こうしてほしい”という強い気持ちがあるからではないでしょうか。この気持ちが自由へと導き一つの形になるとき、これこそが究極の供養となるのではないでしょうか。

粉骨することにより広がる選択肢

散骨する為に、または分骨する上においても粉骨することにより全体料が半分以下になりますので様々な用途で利便性が生まれ、埋葬スペースの有効利用や新しいお祀りの方法が可能になりました。

愛する人を亡くし、“寂しくて遺骨を自分のそばから手放せない”時、自宅に安置しやすく、身に着けるアクセサリ-などにも入れることができます。

・全て散骨してしまうと寂しいので、少しでいいから供養の対象が欲しい。
・家に仏壇がないけど何かの形で故人を偲びたい。
・納骨堂に多くの遺骨を納められるスペースを確保できる。
・自宅のお部屋やお仏壇にお祀りするには通常の骨壷では入りきらない。
・家が洋風でインテリアとマッチした仏壇に祀り、供養したい。
・兄弟それぞれが故人を偲ぶ対象として分骨を希望している。(究極の形見分け)

法律

お骨を粉にすることは法律的に全く問題ありません。火葬後の遺骨の扱いは、故人やご遺族の意思で自由に決めることが出来ます。更に東日本と西日本ではお骨の拾い方が異なっています、東日本では大きな骨壷に拾えるだけ拾い、西日本では中サイズの骨壷に喉仏を中心に大きめの遺骨を納めますので、どうしてもお骨が残ってしまいます。この残ったお骨は金属片などの不純物を取り除いた後に粉末化して供養後に埋葬されています。遺骨を自宅に保管すること、故人や遺族の意思で手元供養すること、散骨することなどは、葬送を目的とする、故人を弔う祭祀の行為にあたりますので、法律的にまったく問題ありません。




フェニックスでは、故人・ご遺族のお気持を大切に尊重した、海洋散骨のお手伝いをいたします。
海洋散骨のフェニックス
〒003-0027 札幌市白石区本通3丁目北1-20 本通3ビル3F フリーダイヤル 0120-867-710
TEL 011-867-7100 FAX 011-867-7101 営業時間 9:00~24:00 年中無休
URL:https://ocean.phoenixinc.co.jp/ MAIL:ocean@phoenixinc.co.jp

HOMEなぜ散骨が注目されているのか?故人への想い散骨の流れお客様の声よくあるご質問散骨料金会社案内お問合せリンク

All rights reserved, Copyright (C)2019 phoenix